emolog

脳内メモです。

Flutterで画像を表示する

f:id:ababababa0222:20210328103419p:plain

Flutterで画像を表示する

flutter:

  # The following line ensures that the Material Icons font is
  # included with your application, so that you can use the icons in
  # the material Icons class.
  uses-material-design: true

  # To add assets to your application, add an assets section, like this:
  # file指定でも、ディレクトリ指定でもいける。今回はディレクトリ指定にした
  assets:
    - images/
  • 以下みたいに呼べる
Image.asset('images/logo.png')

参考

【rails】activerecord-importとelasticsearch-railsのimportがコンフリクトしたのでメモ

前提

  • もともとrailsでElasticsearchを使用していて、後からactiverecord-importに依存しているライブラリを入れた。
$ bundle exec gem list | grep activerecord-import
activerecord-import (1.0.8)
$ bundle exec gem list | grep elasticsearch-rails
elasticsearch-rails (7.1.1)
  • 両方でrailsのmodelにimportというクラスメソッドを生やすので、コンフリクトしてしまい、Elasticsearchの処理が軒並みこけてしまった。

f:id:ababababa0222:20210308172835p:plain

調査

  • activerecord-import側にコンフリクトした場合の対応が載っていた。

Activerecord-Import adds the .import method onto ActiveRecord::Base. There are other gems, such as elasticsearch-rails, that do the same thing. In conflicts such as this, there is an aliased method named .bulk_import that can be used interchangeably.

aliasを使えみたいにかいてある。

github.com

対応

  • なんかメソッドのalias使うの微妙だな〜と思ったので。
Model.__elasticsearch__.import

みたいな感じでつかうようにした。

参考

qiita.com

おしまい。

【Flutter】 クリップボードにコピーする

Flutterを最近プライベートで書いていて、クリップボードにコピーしたかったのでメモです。

f:id:ababababa0222:20210328103419p:plain

組み込みライブラリであるっぽいのでそれを使います。

api.flutter.dev

stackoverflow.com

// クリップボードにコピーするメソッド
void copyRoomLink() {
  final url = "http://localhost:3000/api/v1/hoge";
  Clipboard.setData(new ClipboardData(text: url));
}

// 呼び出すアイコンボタン
IconButton(
  icon: const Icon(Icons.link),
  tooltip: 'copy to link',
  onPressed: () {
    copyRoomLink(room.id);
  },
),

以上です。あざました〜〜

【Flutter】formとsubmitボタンを定義する

Flutterでフォームとsubmitとボタンを作成したかったのでメモです。

  Widget build(BuildContext context) {
    final roomNameFocusNode = FocusNode();
    final formState = GlobalKey<FormState>();

    return
      Form(
        key: formState,
        child: Column(
          children: [
            TextFormField(
              // 画面遷移時にformにオートフォーカスする
              autofocus: true,
              // キーボードでのEnter時の処理
              onFieldSubmitted: (value) {
                print(value);
              }, // 追加
              onSaved: (value) {
              },
            ),
            FlatButton(
              child: Text('Save'),
              color: Colors.grey,
              // submitした時の処理
              onPressed: () {
              },
            ),
          ],
        ),
      );
  }

iOSのSimulatorでiOS側のキーボードを開くときのメモ

iOSで開発していて、モバイル内のキーボードを開きたかったのでメモです。

f:id:ababababa0222:20210312000009j:plain

iOS Simulatorを開き、

Hardware-> IO-> Keyborad > Connect Hardware Keyboard

のチェックを入れると、接続しているハードウェアキーボードがSimulatorの方でも認識されます。

f:id:ababababa0222:20210324153344p:plain

TypeScriptのindex.tsってなに?って思ったのでメモ

Barrelというらしい

basarat.gitbook.io

f:id:ababababa0222:20210312000123j:plain

Barrelを使わない場合

// 3つのファイルそれぞれでexport
// demo/foo.ts
export class Foo {}

// demo/bar.ts
export class Bar {}

// demo/baz.ts
export class Baz {}
import { Foo } from '../demo/foo';
import { Bar } from '../demo/bar';
import { Baz } from '../demo/baz';

それぞれでimport / exportしているのでつらい🥺

Barrelを使う場合

  • demo/index.ts
// まとめてexport
export * from './foo'; // re-export all of its exports
export * from './bar'; // re-export all of its exports
export * from './baz'; // re-export all of its exports
import { Foo, Bar, Baz } from '../demo'

まとめてexport / importできてすっきり🙋‍♂️

以上です。あざました〜〜

JIRAとSlackを連携させる

会社でJIRAを用いてプロジェクト管理をしているので、個人開発でもJIRAを用いてプロジェクト管理することにしました。

SlackにJIRAの連携をしたかったので、備忘録です。 手順としては、以下となります。

  • SlackにJIRAアプリケーションを入れる
  • SlackのJIRAアプリケーションから、認証したユーザーの保持しているJIRAプロジェクトを選択して対象のslackチャンネルを選択
  • 連携設定を変更

ではやっていきましょう〜

f:id:ababababa0222:20210312000123j:plain

SlackにJIRAアプリケーションを入れる

まずSlackにJIRAアプリケーションを入れます。Slack左下のappを選択

f:id:ababababa0222:20210320111650p:plain

JIRAで検索。僕はJIRA Cloudを使用していたので、そちらを選択しました。

f:id:ababababa0222:20210320103348p:plain

ブラウザで対象のSlackの管理画面に遷移するのでインストールをしましょう。

f:id:ababababa0222:20210320103428p:plain

JIRA(Atlassian)の認証

Slack内で /jira connect コマンドを打ちましょう。

Atlassianに認証していなければログイン画面に遷移すると思うので、そちらからSlack連携したいJIRAプロジェクトに入っている Atlassianユーザーでログインしましょう。

再度 /jira connect を行うと対象のJIRAプロジェクトと、Slackのチャンネルを選択できるかと思うので選択すればSlack連携できます。

連携設定を変更

デフォルトの設定だと、JIRAのカードを移動した際などに通知が飛ばないので、必要あればJIRAのSlack設定から変更しましょう。

f:id:ababababa0222:20210320103839p:plain

以上です。あざました〜〜〜〜